ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XR250ポンコツ化計画 その6 とおまけ
前回加工したピストンを内燃機屋に持っていった。

6k5ud.jpg






自分、内燃機屋に写真を見せながら、
「このピストンにスリット加工して下さい」

内燃機屋
「本当にやるの?
  やっても良いけど大丈夫かな?」

自分、のんきに
「大丈夫でしょう。
  ・・・たぶん」


たまたま仕事を依頼しに来ていたチュ-ニングショップのオ-ナ-が、このやり取りを見て
「なんでスリット加工をするの?」
と、聞いてくる。

自分が説明すると
「ならば、だまされたつもりでモリブデンショットをしてみたら?」

「なにそれ?」と思いながら半信半疑で説明を聞く。

色々良いことを説明するが、まだ信じられない。

「フリクションロスが50%向上するよ」と言われるも、まだ信頼できない。

最初は断るつもりだったが、車メ-カ-が採用し始めてると聞くと信頼性が上がった。

信頼性が上がったのでピストンにモリブデンショットをしてみることにした。



せっかくなので自分の加工したピストンを見てもらう。

かなりドキドキ (-。-;)

「ここは削っても大丈夫・・・
  削ってはダメな所は手を付けてない・・・
   コレならば大丈夫でしょう」

ヤッタ-!! \(^O^)/

これで安心してエンジンが組める!





加工の注文も終わり、世間話をしながらチョット工場の中を見物♪



実はこうゆう所を見るのはけっこう好き♪



ちなみにコレは鍛造ピストンの加工前。

1io8p;

リングのミゾ加工はしてあるが。





裏はこんな感じ。

5kil4u.jpg

こういったピストンの原型を車種別に加工していく。




余談ではあるが社外ピストンで鍛造が多いのは性能もあると思うが、ただ単に製造コストが安いから。

大量生産なら鋳造の方が安いんだけどね。






その他で自分的に見たいのが、某大手チュ-ニングパ-ツメ-カ-の
レ-ス車両用エンジンヘッドのポ-ト。

trsrt7.jpg

さすがにポ-ト形状が分かる写真撮影はダメと言われてしまった (^_^;





写真ではお伝えできないが、きれいなポ-ト。

ear321hj6.jpg

いつかはこのぐらいのポ-ト研磨が出来るようになりたいなぁ






さて、ピストンの加工も終了し、ピストンの重量も分かった。

次はピストン重量を元にクランクウエイトのバランス取りをする事に。



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/58-9dad3b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。