ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内暖房器のFFヒーターならぬハイドロニックを付けました♪
足のケガも治ってきてこれから遊びの準備と喜んでいたとき、キャンピングカーショーに行き誘惑に負けてしまいました(笑)

その誘惑に負けてしまった物とは、車のエンジンを止めても車内を暖める事が出来る暖房器機FFヒーターです♪



最初は自分で取り付けも考えましたが、自分で車の燃料をFFヒーターまで引っ張る事で少し不安が過る。

最初は大丈夫でも見えない所でガソリン漏れなどしたらどうしよう・・・など (´・ω・)



そんな不安を解消すべくここは餅は餅屋、トランポ作成のプロ、オグショーさんに頼むことにしました\(^O^)/

1503301.jpg



「あなたの理想をカタチにする」がコンプセントのオグショーさん。

きっと満足のいく仕上がりになるでしょう(^^)











さてFFヒーターとはどんなものかと言うと、これなんですが・・・

1503302.jpg


一つ不満を言うのなら、自分的に荷室のスペースに出っ張りのできるのは嫌だ!!





かと言ってステップのスペースを殺すのもナンセンス...(´・_・`)

15033028.jpg







自分なりに考えた場所がステップの内側、車載工具入れのスペースを提案してみたのだが・・・

1503303.jpg


スライドレールの関係でそこには取り付け不可と言われてしまった。


なかなかうまくいきませんね σ(^◇^;)






やはり荷室のスペースを諦めるかと悩んでいたら、純正のリアヒーターがあるなら「ハイドロニック」はどう?

と進められてきた。

1503304.jpg



「何ですかそれ?」と聞いたところ、FFヒーターはエアーヒーター。

ハイドロニックはラジエター液を暖め、純正のリアヒーターから温風を出すのもだと。

でもそれは純正のリアヒーターを殺すのかなと思ったら、エンジンを掛けているときはハイドロニックを止めていても純正のリアヒーターは通常通り動かすことができる!

しかも本体は車の外に取り付けるので荷室のスペースはつぶされないと!!


取り付け工賃は純正のリアヒーターの回路を改造するため高くはなるが、荷室スペースに出っ張りが無いことに魅力を感じ取り付けることにしましたo(^▽^)o



少しでも節約するためにサブバッテリーは自分で取り付けることにしたけどね (^_^;






そして取り付けが完了し取りに行くことに♪

1503306.jpg



エンジンが止まっているのにリアヒーターから温風が出ているのに感動♪♪

温風が出ているのは写真に撮れないので写真はないですが(笑)






さて取り付け状況を見てみると・・・


さすがメーカーの特装車を任されてるオグショーさん! 

純正部品レベルの綺麗な取り付けをしています ( ̄○ ̄;)

1503307.jpg





配線処理もこの通り。

1503308.jpg






ちなみにコントローラーは運転席と後ろの席、両方から触れるこの位置にしました。

1503309.jpg










取り付けの確認はしたので次は自分の作業、サブバッテリーの取り付けに入ります。


バッテリー容量の選択。

FFヒーターなら1時間の消費電力は約1Aなので、一晩動かすのと少し余裕の容量で20Aぐらいかなと考えてた。

しかしハイドロニックは約倍の消費電力と聞いたので、20Aを2つにして40Aのバッテリーを準備しました。

15033010.jpg


これなら40Aのバッテリー1個でいいのでは?と突っ込みがあると思いますが、なぜ20Aを2つにしたのかは取り付けの所で ( ̄▽ ̄)










さて物もそろったので取り付けに入ります♪

15033011.jpg







カーステのアンプなど自分でやってるのである程度の作業は自信があるが・・・

15033012.jpg










やはりサンデーメカニック。

マットの下の配線固定などはガムテープ(笑)

15033013.jpg










せっかくオグショーさんがきれいにやった配線も、すでにクモの巣状態。
 
15033014.jpg


まっ、しょせんサンデーメカニックですから f(^ー^;








配線が終われば次はサブバッテリーの取り付け。


当初の予定はこの純正ジャッキ入れに入れようとしてました。

15033015.jpg







こんな感じにバッテリーを入れる。


ちなみに20Aが2つだから入るのです。

40Aぐらいのサイズだと1cm大きくて入らないのですよ。

15033016.jpg










ステップカバーを取り付ければサブバッテリーも荷室から追い出せると考えていたのに・・・

15033017.jpg


フタの内側の出っ張りを考えてなく、取り付ける事が出来ないことが判明!! Σ(゚д゚lll)

バッテリーの固定方法も考えてなかったです(笑)






やっぱサブバッテリーは荷室かぁ・・・と諦めかけたとき、ふと当初FFヒーターを入ようとしたスペースを見るとバッテリーが入りそう・・・( ̄ー+ ̄)

15033018.jpg










試しに入れてみると、すっぽり入るではないか!! \(^O^)/

15033019.jpg


サブバッテリーの設置場所はここに決定♪

そして固定方法は・・・やっぱサンデーメカニックですな(笑)






サブバッテリーの取り付けが終われば次はアイソレーターの取り付け。

15033020.jpg


これはサブバッテリーを自動で充電するシステム。







これもどこかに隠そうかと思ったが、アラームランプなどあるのでたまに確認しなければならない。

そこであまり使わない右側のステップのここの位置に取り付けました。

15033021.jpg









さぁ、これで全ての取り付けが完了したのでウキウキしながら作動確認をすると、なぜか正常に作動しない・・・ (・◇・)?


状況はこんな感じ。

・電源を入れてしばらくするとヒーターの送風が動くのだが、風量を調整してないのに風が強くなったり弱くなったり。

・そしてしばらくするとエラーで止まる。

・エンジンを掛けてスイッチを入れると正常にハイドロニックは作動する。


サブバッテリーのみにすると正常に作動しないので原因はサブバッテリー側にある。


地元のバイク屋に相談してみたところ新品のバッテリーと言えども不良品で力がないか、自分の設置した配線が細すぎるかもと返答が帰ってきた。



せっかく買ったバッテリーが不良品だとがっかりするなぁ・・・と思いながら、まずは配線をブースターケーブルで強化したところ正常に作動するではないか!! o( ̄ー ̄)○☆

15033022.jpg



正常に作動することが確認できたら次に聞くのはオグショーさん。

どのぐらいの太さの配線を使えばいいのか聞いたところ、5スケの配線を使ってると。


自分は2.00だから多分2スケ?の配線を使っていたが、バイクだと十分すぎる太さだけどヒーターに使うのには細すぎたんですね ( ̄○ ̄;)






サイズも分かったのでその5スケの配線を購入。

15033023.jpg










そして配線の引き直し。

15033024.jpg


ちなみにバッテリーの固定治具、倒れ防止の小改良をしました(笑)









最後はステップを付ければ完成♪

15033025.jpg


みごとサブバッテリーまで隠す事が出来ました♪ v( ̄∇ ̄)v










そして当初の自分の希望通りの「荷室に出っ張った物があるのは嫌だ!!」

を見事なまでカタチにしてくれました。

15033026.jpg


「あなたの理想をカタチにする」がコンプセントのオグショーさん流石です (^^)








車載工具入れをつぶしたため、車載工具が荷室に移動してしまった落ちはありますけど (^_^;

15033027.jpg




何はともあれ、これで遠出したとき快適な車中泊ができます v(^_^v)♪


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/210-1c26c8e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。