ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 北海道4DAYS その5
DAY-4



早いもので北海道4DAYSは最終日の朝。

1309201.jpg



初日にリタイヤ騒ぎをしていたにもかかわらず、この日は最高の気分で朝を迎える事ができた♪ (o^∀^o)





その最高の気分はと言う理由は・・・











やっとヌマヌマの前でスタートできたからです♪♪♪ v( ̄∇ ̄)v

1309202.jpg



TBIも含めて一度もヌマヌマの前からスタートしたことが無かったから、これは嬉しかったなぁ・・・ (T^T)







しかし残念ながらその嬉しさもすぐにプレッシャーに変わってしまった。


その理由はと言うと。


一本目は北海道なのにSSの距離が約2km。

あまりにも怪しすぎる距離設定。 (ーー;

ど~~~考えても一本目はワナがあり、はまったら大タイムロス確定の予感。



二本目は昨日のSSの逆走。

四国のガレ場SSと同じレベル。

四国のSSはほとんどヌマヌマに勝った事が無いので負ける可能性大! (ノω<;)



この時はニコニコしていたが、心の中では凄く焦ってました。 オロオロo(゚д゚o≡o゚д゚)o



そしてその焦りは正確な判断ができない状態にもなっていたとは・・・




その正確な判断ができなかった状況は、まずスタート前から。


スタート前になってリアショックが抜けていたこと思い出した。

だとしても、もしかして減衰力調整を締めれば固くなるかと思いドライバーを出そうとしたら・・・



ポケットのチャクが開いていて、ドライバーを落としてしまった―――!! Σ(゚ロ゚ノ)ノ


この状況を見ていたヌマヌマが、

「ドライバー貸しましょうか?」

と言ってきてくれたのに、

「スタートまで時間が無いのでやめときます」

と断ってしまった。



冷静に考えればスタートまで10分もあったので、余裕で工具を片付ける事までできた。


それ以前に自分が十得ナイフみたいな物を持っていて、その中にドライバーが入ったではないか! Σ(゚д゚lll)




そして冷静な判断ができなかったのはそれだけでは修まりませんでした。



次の判断ミスは1本目のSSに入る前。

SSまで走っているとハンドルが曲がっている事に気がついた。


いつもならSSスタートまで5分ぐらいあれば、バイクから下りてタイヤを蹴飛ばして直した。


しかし今は冷静な判断ができないので、

「ハンドルの曲がりを直していたらSSスタートに間に合わないかも!!」 (>_<)

と判断し、そのままSSをアタックしてしまう。



先に言ってしまうが、そんな状態で走ったのでSSの中で転んで当たり前ですね。 (^_^;





冷静な判断ができない代償はまだまだ続きます。


そして朝の嫌な予感も的中する。










SSのスタートラインに到着すると・・・










入口を見ただけで分かる、獣道でSSじゃん!!

1309204.jpg



今までレギュレーション内に走るルートで「獣道」と書かれていたが、今まで走った事が無かった。


まさかこんなタイミングで出てくるとは。 (-_-;)










どんなにグチを言ってもサイは投げられたので覚悟を決めてスタートする。

1309205.jpg



そしてスタート直後、上記の理由で転ぶ。 (×_×)



それでも頭の中では、

「すぐにリカバリーすればまだ大丈夫かも!」

とまだ諦めずに走り始める。








そうして走っていると最初の分岐が現れた。

1309206.jpg



この時のICOとマップの距離の誤差は20m。


いつもなら50mぐらいまで誤差範囲と判断して左に曲がって行ったが・・・




今は冷静な判断ができない状態。


この時の頭の中で考えていたのは、

「マップでは道なりに左だけど、目の前の分岐の道なりは右だよなぁ」

右の奥を見ても獣道なので20m先も見えない。

「ここは距離ではなく絵で判断して進んでみるか」



今々考えても何でこんな答えを出したのか自分でも分からない。 (^_^;



もちろん右に進んでいっても20m先には分岐は無い。


それどころかハンドルが曲がったままなので路面の凹凸でハンドルを取られ転ぶ。 (x。x)=3



もうここまで来たら開き直り、バイクを起こしハンドルの曲がりを直し、マップステーの曲がりをのんびり直して再スタートした。





もうスタートからSS終了までめちゃくちゃ。 ┐(´-`)┌



他の人が焦っているのを見ていた時は、

「まだ余裕があるから、そんなに慌てる事ないのに」

と思っていたけど、自分が同じ立場になってやっと分かりました。 σ(^◇^;)ポリポリ








もうヌマヌマに勝てないと諦めたので2本目のSSは流し気味で走った。

1309207.jpg




さすがにガレ場林道でも流して走ってるからトラブル事は無いなぁ・・・と思っていたら。




路面のタイヤの跡が崖に一直線に伸びてるではないか――――――!!! (( ( (゜∀゜;ノ)ノ



さすがにこれは驚いてゴールのスタッフに連絡。


その後に分かった事が、このタイヤの跡を付けた犯人はナックさんだそうな。

崖落ち寸前で止まったから無事で良かったけど、まったく人騒がせな。 (⌒-⌒; )










最後のSSも終われば、後はゴールまでのんびりツーリング♪



道の駅などでのんびり過ごし。

1309208.jpg










メロンを食べたり♪

1309209.jpg










ソフトクリームを食べ、グルメを楽しみ♪♪

13092010.jpg










走ればこの様な。

13092011.jpg










素晴らしい景色も楽しめます♪♪♪

13092012.jpg










最後はCPを無事通過し。

13092013.jpg










なごり惜しみながら北海道を走ると。

13092014.jpg










無事にグランドゴールしました。 \(^O^)/

13092015.jpg








2回目の参加だけど、今年の北海道4DAYSも楽しかった~♪



この笑顔を見るとその楽しさが伝わりますよね(笑)

13092016.jpg










そしてラッキーだったのが、表彰式前のお昼ご飯。


本当は一人メロンひと切れのはずが、ど~見ても余ってるメロンの数が多い。


なのでこっそりと余分に食べてしまいました。 (^¬^)ジュル…

13092017.jpg










楽しかった北海道4DAYSも最後を締め括る表彰式。

13092018.jpg




自分は最後に大ポカをやらかしたのでヌマヌマに勝てないのは確実。


なので表彰式の楽しみは無いなぁ・・・と思っていたら!










なんと!!










奇跡的にチーム優勝をしてしまいました♪

13092019.jpg



まったく意識してなかったチーム優勝だけど、優勝すると嬉しいもの。


その嬉しさと、この状況でも笑いを取りたかったコメントが、


「チームを組んで早3回目」

「今回は親方不在の状態で優勝しました!」

「なので次のチーム名は『親方不要』でいきます!!」


TBIからの流れを知っている人は大笑い。 (*^^)v




最後の最後に北海道4DAYSを楽しく終わることができました♪




いつになるか分からないけど、北海道は絶対にまた来たいですね♪ o(^-^)o















ちなみに・・・
















そんな発言をしてしまったので・・・















後日「かわいがり」を受けたのは言うまでもない(笑)

 (/o\) ゞ (`ヘ´ノ)ノ こいつめーー!!

13092020.jpg



それを許して欲しくば「来年のモンゴルをチーム組んで行くぞ」と・・・




休み取れるかなぁ・・・ (^_^;)

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/201-8b80d200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。