ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 SUPER TBI その3
DAY-3



朝明るくなって気がついたが、近くにハウルの城みたいな建造物がある!! (゜▽゜)

1306141.jpg


とっ、朝からみんなの話題になりレースの緊張もほぐれていた。



ここは星空が綺麗に見える場所で、この建物は天体観測をするための物らしい。

しかし昨日の夜は曇だったので、残念ながら星が見れませんでした。 ...(´・_・`)











朝のブリーフィングも終わり、時間が来ればスタートラインに並びます。

1306142.jpg


1日目の夜はフェリーに宿泊だったので2日目の朝は自分の順位が分からず。

3日目の朝になってやっと自分の順位がわかります。



去年まではその日の順位を見て、

「さて、今日は一つぐらい順位が上がるように頑張るか!!」

と思っていたが、ここ数年TBIに出てたおかげで考え方が変わり成長しました。


TBI前半の順位は、ほぼ各選手の早さの順番を表している。

なので自分がいくら頑張っても速さでは順位を上げることは出来ない。


ではどうやって順位を上げていくかと言うと・・・










上位の人の順位が落ちてくるのを待っているのです。 ヾ(^^へ)こっちに降りてきなさい










などと・・・


この様に書くと「ラリーって簡単じゃん」と誤解を受けるので言葉を付け加えます。


この落ちるというのは相手ばかりではなく、自分の順位も落ちる可能性があるのです。


事実、去年自分は落ちたおかげで落ちました。 (;^_^A
(↑この言い方の意味がわかる人は去年何があったか知っている人です(笑)


順位を落とすのはミスばかりではなく、ミスをしないように慎重に走った事でタイムが伸びず順位を落とすこともあるのです。



以上の内容からしてわかると思いますが、順位を上げる以前に今の順位をキープするだけでも実は大変なんですよね~
 (⌒-⌒; )



とっ言う事で、今年は「今の順位をキープ」を頭に入れSSを走ります。 (`・ω・´)ゞ










そして朝のSSを走った感想も言うと・・・

1306143.jpg



やっぱ九州も普通の林道があるじゃん!! 


もう、その件に関しては以下略。 (-"-;)



本当にSSもリエゾンの様な走りにくい道だったらどうしようかと冷や冷やしてましたよ。 (´o`;)



何はともあれ、このSSも無難にこなし夜のSSに向けてリエゾンを走ります。





リエゾンを走っている途中、天気予報は当たってしまい雨が降ってきて、この日の残りはずーっとカッパを着てました。




海辺の道を走りながら、

「今日は桜島を見ながら走れるコースだから、この曇って遠くが見えない海の向こうに桜島があるんだろうな・・・」 ...(´・_・`)

と、残念ながら走りガソリンスタンドに寄ると、

GSのおっちゃん
「こんな天気で残念だったね。
 せっかく桜島の麓を走っているのに」

と言って海とは反対方向の山を指差した。 (・_・)エッ..?

1306144.jpg



なんと!

桜島は海の向こうではなく、桜島の麓を走っていたのね。 (^_^;








この後のルートは桜島の展望台まで登ったのだが・・・

1306145.jpg



もちろん展望台から眺めても雲が厚く景色が見えん! (-"-;)



残念だったけど、ひたすら雨で優つだったのが気分転換になったからいいか。









山を降りても雨がやむ気配なし。

1306146.jpg










こんな時の唯一の楽しみは、美味しいご飯を食べること♪ o(^-^)o


道の駅でちょうど一緒になった人達とご飯を食べます。

1306147.jpg










そして雨だと写真が少ないので、こんな写真ばかり撮ります(笑)

1306148.jpg










ちなみにこの時の自分は、無性に肉が食べたかったのでこれにしました。 (o^冖^o)

1306149.jpg










腹も満たされたおかげで、こんな雨だけど気力を振り絞り走ることができたのは・・・










自分以外の人達でした。 (x。x)=3



めしも食べ終わり「さぁ出発だ!!」と言いながらバイクを見ると、タイヤに細い小枝の様な物が刺さっているのを発見!


小枝がタイヤに刺さる事もあるんだ・・・と思いながら触ると、鉄の感触が!! (!_+)


まっ、針金みたいな物が刺さっていたが、パンクしてなくてラッキ-♪

と針金みたいな物を抜いたら・・・


プシュ~~~~~~~~~~  (((((((((((゜∀゜;ノ)ノ



ぱっ!



ぱっっ!!



パンクしてしまった――――!!! (゚д゚lll)




どうにか気持ちを落ち着かせるため、前向きな考え方をすることに。

「ここでパンクを発見できたのはラッキーだった!

 それは屋根のある所でパンク修理ができるからね。

 今気がつかなかったら土砂降りの山の中でパンク修理をしていた事になる。

 それを考えたらここでパンク修理できるのはなんてラッキーなんだ!!」

こんな事を何度も何度も自分に言い聞かせパンク修理を始めました。

13061410.jpg





ツーリング先などのパンク修理の中では良い方の作業環境なので、パンク修理も一発OKとなりたかったが、実は5~6回失敗。
 (>_<)ゞ





失敗の原因 その1

ヤスリ掛け不足。

ヤスリを掛けるとき、チューブ表面の皮を剥ぎ取るくらいヤスリ掛けをしなければならない。

しかしこの時自分は何度も使用した中古の紙ヤスリだったので、皮を剥くまで行かず表面を傷つけただけでした。


最後は持っていた鉄ヤスリで皮を剥ぎました。

後日他の人に聞いたら、風呂場グッズの軽石などもヤスリの代わりに良いと聞きました。





失敗の原因 その2

ゴムのりの乾かせすぎ。

よくパンク修理を失敗する人の作業を聞くと、ゴムのりを塗った直後にパッチを貼っていると聞きます。

詳しい理由は知らないのですが、ゴムのりはある程度乾かしてから貼らないとくっつかないそうです。

この事をパンク修理を見ていた人に、

「ゴムのりは乾かさないと・・・」

と説明しながら自販機でジュースを買い、一服してからパッチを貼ったら・・・



ペロリと簡単に剥がれました。 (^◇^;)


貼り付けるとき表面は乾いているが、中はまだゼリー状ぐらいが良いみたい。





失敗の原因 その3

パッチが古かった。

パンクの穴をふさぐパッチはゴムなので柔軟性があります。

しかし自分のパッチは使うことがなかったので数年前購入した物なのです。

普通パッチをしならせるとUの字に曲がるのに、自分のパッチはVの字に曲がりました(笑)

これでは丸く膨らむチューブに反発して剥がれようとしてしまいます。 (^_^;


自分の持っているパッチの中でどれが一番やわらいか品定めをして、どうにか貼り付けることに成功しました。





今回の教訓

パンク修理セットは使用しなくても2~3年ごとに買い換えた方が良いって事ですね。 (⌒-⌒; )




パンク修理をしていたため最後尾になってしまい、またもや休憩無しで走ります。 ε=ε=┏( >_<)┛






CP2に到着すると今回初出場のめぐめぐが居ました。

13061411.jpg



何か困っている様子なので話を聞いてみると、今日のキャンプ場に帰る前までに壊れたナンバー灯を復元しなければならない。

ナンバー灯用のライトは購入したが、どうやって固定したらいいか良い案が浮かばないと。



こんな話を聞いて優しい自分がほっておく理由がありません!! ( ̄ー+ ̄)





購入したライトとリアフェンダーを見て落ちないように固定します。

13061412.jpg


まぁ、ダクトテープと結束バンドで固定しただけなんですけどね。



これを見てめぐめぐは大喜び♪ \(^O^)/



走り去りながら自分も、
「これで宴会の時、ビールをおごってもらえる♪」
と自分も大喜び(笑)



やはりラリーは助け合いですよね。 ( ̄∀ ̄)










一日中雨で気もめげる日のはずが、色々な事で気分転換になり精神的な疲れが少ない状態で夜のSSに到着。

13061413.jpg



SSスタートするとき、スタートのスタッフから、

「崖落ちした人がいるので気をつけてください」と。



まさか!

自分より少し先を走っている宴会のビールが崖落ちしたのでは!! (lll ̄□ ̄)



無事を祈りながら自分もSSをスタートする。







SSに入る前から山を登っていると深い霧で前が見えない時がある。


案の定、SSの中でも10m先が見えない深い霧が数回発生した。 (>_<)


霧の中ではさすがに減速しなければならないが、それではタイムが落ちてしまう。


3~4回目ぐらい霧が発生したとき、

「心眼で走ってしまえ!!」

とスピードを出そうとしたら・・・



目の前に崖がっっっ!! (( ( (゜∀゜;ノ)ノ





やはり崖落ちは嫌なので安全に走りましょう。 (^_^;)



他の人にこのSSの状況を聞いたら同じように霧が出た人や、あまり霧が出なかった人。

このSSは運が勝敗を決めました。


こんな事もあるんですね~ (⌒-⌒; )








夜のSS終われば後はキャンプ場に行くだけ。



キャンプ場に付いてバイクを確認すると・・・


あれ?

めぐめぐが居ない!


SS中に崖落ちした人の無事は確認したが、誰なのかは確認できず。



他の人に、

「もしかして崖落ちしたかも」

と言ったら、

「なに!?

 初参加なのに崖落ちした?

 やるなぁ」 o( ̄ー ̄)○☆

と、太鼓判を押しました(笑)



おいおい・・・

心配しないのかよ。 (^_^;


自分は宴会のビールが崖落ちしたんじゃないかと心配してるのに(笑)



しばらくしたらめぐめぐが無事にキャンプ場に到着。

なんでも水溜りで転んでさっき付けたライトがショートしたため、懐中電灯を付け直していたんだと。




なんだかんだ今日一日色々な事があったな。 (^◇^;)


でも全て無事に終わったから良いか。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/192-4fa67a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。