ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルラリー 2012 サポートメカニックの珍道中 その10
ETAP 7

ホンゴル~エルデネサント




モンゴルラリーもいよいよ終盤。

1210181.jpg


もう一踏ん張りすれば完走できるので、みなさん頑張ってくださいね。 \(^O^)/











さて朝が来れば素晴らしい景色が毎日見れます♪


その中でも自分のお気に入りの一つがこのホンゴル砂丘です。

1210182.jpg



ゲル


大草原


そして背景には砂丘



この3つがバランス良く見えるのが好きな理由なんですよね。 o(^-^)o




なので今回は出発前のキャンプ場の写真を少し多めに。










その好きな風景にラリーマシンなど織り交ぜてみた。

1210183.jpg










スタッフ用のヘリと、ある意味ここまで来れたのが奇跡的な2人。

1210184.jpg


オッジーさんは川で流され溺れかけたし、A部さんは未だにリアブレーキ無しで走っている。

そんな苦労をしてもこの景色を見ると笑顔になってしまうんですね。 (^-^)










そしてヘリは飛び立ちましたが・・・

1210185.jpg


砂漠にヘリは何で景色がマッチするんでしょう。 (^_^;










キャンプ場の光景の中には、残念ながらリタイヤしてしまった人達の車両も。

1210186.jpg


ゾーモットでリアのテールランプをFRPで一生懸命直したT代さんも、リアショックが駄目になりリタイア。










前だっちもリアショックが抜けてリタイヤ。

1210187.jpg



しかしリアショックが駄目になるくらいの走りってどんな走りなんでしょうね。 (^◇^;)







今日はコースの下見をしている先行隊の連絡待ち。

なので今日のスタート時間は1時間遅れとなりました。



メカニックの朝はヒマなのでこの一時を優雅に過ごします。 (-.-)y-゜゜

1210188.jpg










他のメカニックやリタイヤした人達ものんびり過ごしています。

12101811.jpg










しかし選手達はスタートが1時間遅くなったのに忙しそうですね。

1210189.jpg








それもそのはず。


すでに入った先行隊からの連絡でルート変更があったのです。

12101810.jpg


このインフォメーションを見逃すと大変なことになるので、みなさん必死になりますよね。










スタート直前までのんびりしたい所ですが、夏休みの宿題を忘れるところでした。 f(^ー^;



まずはバトンさん。
(やっと写真を撮った(笑)

12101812.jpg



ここまで順調に来てるようですが、実は転んでしまいバイクを傷つけてしまったと!!





「バイクの査定を下げる証拠写真!
 撮り忘れてなるものか!!」


と写真を撮ったが・・・

12101813.jpg


この程度のキズでは査定が下がんないだろうな(笑)









続いてはあさりちゃん。


今日も自分達の車に乗る準備をしています。

12101814.jpg


他のリタイヤ者たちは乗り心地の悪いロシアンジープなどで、最悪の移動だったみたい。

この車にIWASAKI弟さんが居たからもあったが、乗り心地の良い車で彼女は実に運が良かったですね。








最後はみさキングと必要以上にべっっっったり密着しているS原さん。

12101815.jpg


この写真、奥さんに送ろうかな(笑)



みさキングは今日もスタートラインに立てました。

ラリーの中盤ぐらいから話しかけても、話しているときだけ作り笑顔になっていたなぁ。


それもそのはず、昨日は丁度0時にキャンプ場に到着。

到着が遅いのは寄り道をしているのではなく、ここまで来るのに相当苦労していると言う事。

そうなると睡眠時間もかなり少なくなります。

男性よりも体力の劣る女性が男性より過酷な条件で走っているようなもんです。

あともう少しなので頑張って走りきってくださいね。 (;∇;)/~~










時間も来たので各自スタートラインに向かいます。

12101816.jpg




今日も何人かスタートの写真を。






まずはオグショーさん。

12101817.jpg


初めてのモンゴルでここまで順調に走るとは、本当に凄い人ですよね。









ちょっとアングルを近づけて、続いては右近さん。

12101818.jpg


ケガを負った状態で走り続けてますが、そのケガでバイクの操作ミスをしなければいいのですが・・・









最後はかんちゃん。

12101819.jpg


そう言えば今年の痛車カラーリング。

モンゴル人はどの様な反応していたのか聞き忘れた(笑)










選手がスタートしたら自分たちも出発しますが・・・

12101820.jpg



この写真を見て気づいたかな?

写真の奥にあるのは山ではなくホンゴル砂丘のデューン。





実はキャンプ場の近くのデューンはまだ小さい方。


中心の方と言ったらいのかな?

砂丘の中心に近いデューンは山の様に大きいのです。

12101821.jpg



他の海外ラリーに出た人が、高さ2~300m級のデューンの中を走ったと言ってたのを聞いたことがあります。

その時は半信半疑と言うより信じてなかったのですが、これを見るとまんざらウソでは無いようですね。 (・0・)










さて自分たちメカニックの移動と言ったのに、やはり昨日のおっちゃんが車に乗っています。

12101327.jpg



やはりと言うか当然おっちゃんを家に送り返す事になりました。


今日は北上して行くはずが、おっちゃんの家は真西に向かって行かなければならない。

たしか昨日おっちゃんの家でキャンプ場までの距離をGPSで確認したら約150Kmあったよなぁ・・・


さぁて、今日はいったい何時にキャンプ場に着くんでしょうね。 (^_^;)










昨日の逆走なので特に道に迷わず到着。

12101822.jpg


「せっかくだからお茶を飲んでいけ」

と家の中に招待された。










家の周りを見ると、このおっちゃんの家はラクダを飼っているようだ。

12101823.jpg



誰に聞いたか忘れたけど、こんなに沢山ラクダを飼ってどうするのか聞いたら食用のラクダだそうな。 (・0・)

そう言えばオーストラリアではカンガルーを食べると聞いてたし、牛や豚と同じ哺乳類だから食べたら美味しいのかも。


次に機会があったらぜひラクダの肉を食ってみよっと。









初めて遊牧民の住んでいるゲルに入ったけど、ゲルの中に入るとこんな感じでした。

12101824.jpg



ゲルの外にはソーラーパネルやBSアンテナがあるのでテレビが普通にありました。

そして写真の下には携帯電話もあります。

不定期に住む場所を移動する遊牧民は有線の固定電話を持つことが不可能。

なので携帯電話が主流になるのは当たり前ですね。




しかしここで疑問が一つ。

携帯電話の料金ってどうやって払っているんだろう? (・◇・)?

町に住んでいる人は銀行引き落としなどがあるが、遊牧民はプリペイドカードみたいなのかなぁ?

これも通訳に聞いておけば良かった。





とにかく家畜を飼うために遊牧民生活をしてますが、生活内容は近代的なものが織り交ざり快適になりつつあるようですね。









遊牧民のおっちゃんに別れを言って、キャンプ場に向かう為にやっと北上します。

12101825.jpg










道中では運転手が積極的にコミュニケーションを取ろうとして、

「ちょっとこれを読まなければならないから運転してよ」

12101828.jpg


と読む必要の無いものを読んでハンドルを持たされたり。








途中の町ではCP隊が食堂に居たので中に入り。

12101826.jpg








たいして役に立たない情報を交換したりと。

12101827.jpg



まずまず順調に進むことが出来ました。 (^-^)


ここの食堂で食べることが出来なかったのは残念だったけどね(笑)










キャンプ場に近づいていくと、なにやら雲行きが怪しくなっていきます。



そして辺りは雪で白くなってしまいました。 (°□°;)

12101829.jpg
写真が取れなかったのでA山さんのブログから写真をお借りしました。



自分もモンゴルを走ったことがあるので、服装は大体想像つきます。

ライダーは走るとき薄手のシャツにジャケットのみ。

なのに外は雨や雪。

雷も光ってます。

この後ライダーに聞いたら本当の生き地獄を見たそうです。


その内容は自分が軽々しく書けないので、各選手のブログを見てください。










自分達がキャンプ場に到着したとき、トップグループはすでに到着してました。

12101830.jpg



トップグループの人達は雨や雪の被害に会わなかったみたいですが、中盤グループ以下はまだ走っているようです。


徐々に帰ってきた人達は同じゲルの仲間に冷えた体の寒さ対策をしてもらったようです。


何も出来ずに待っているだけは本当に辛かったなぁ。


みなさん全員無事に帰ってきてくださいね。



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/184-7133a740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。