ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルラリー 2012 サポートメカニックの珍道中 その9
ETAP 6

ゾーモット~ホンゴル





レストデイの休息日も終わり、レース再開の朝がやってきました。

1210131.jpg











昨日のレストデイで車両の準備は終わりましたが・・・

1210132.jpg










選手たちは最後のお片づけがあるんですよね~ 

1210133.jpg


海外ラリーのキャンプ場ではワークスの様に至れり尽くせりと思われがちですが、一般参加者はこの様に全て自分でやらなければならないんですよ。


この辺りまでサポートしてくれるぐらいの稼ぎが欲しいところですよね。 (^◇^;)










ダッフルバッグの片づけが終われば、各自バイクの最終点検に入ります。

1210134.jpg










みんなの様子を見ながら自分も夏休みの宿題をと思ったら・・・


またしてもバトンさんの写真を撮り忘れてた。 (>_<)ゞ



唯一あったのがS原さんの後ろに小さく写っていたこの写真だけでした。 (^_^;

1210135.jpg


バトンさんはここまでバイクも壊さず順調に来れたので、写真を撮る必要がないと思ったんだっけっかな?


何も無いのが一番!!




・・・と言い訳しておきましょう。 (;^_^A










続いてはETAP4で残念ながらリタイヤしてしまったあさりちゃんですが、今後の移動は自分たちメカニックと一緒になりました。


なのであさりちゃんの写真は後で。










最後はみさキング。

1210136.jpg


今年は60年ぶりの大豪雨でコースの難易度が上がったが、どうにかここまでやって来れました。

今日からはコースの短縮がなかなか出来ないルートですが、頑張って走りきって欲しいですね。










しかしここはモンゴルの南で乾燥地帯。

なのに今日も若干のコース変更が若干あり。

1210137.jpg


本当に今年は異常気象なんですね。 (-o-;)










そんな感じでみんなの様子を見ていると、時間も来てレースがスタートしました。

1210138.jpg










昨日までの成績順で各選手スタートしていきます。

1210139.jpg










もうこの日辺りから(初日から?)「やっぱ走りたかったなぁ・・・」と思いながらシャッターを押していたな(笑)

12101310.jpg










選手が全員スタートしたらメカニックの自分達も移動します。

12101311.jpg









キャンプ場を出てすぐにボルトバートルのお父さんかハマーのお父さんかどっちか忘れたけど「恐竜の谷に行くぞ」と言ってきた。
(以降あっちの車はお父さんチームと書きます)

自分達の運転手は選手が通り過ぎた後に行ってもしょうがないと行ってる様だが、モンゴルでは年上の意見に逆らうことが出来ないようで恐竜の谷に行くことになりました。

12101312.jpg



自分としては恐竜の谷は見に行きたかったので良かったんですけどね。 (*^^)v










でっ、しばらく走ると恐竜の谷に到着。

12101313.jpg



去年もここを走ったが、レース中だとゆっくり景色が見れないんだよね。









なので今年はこの景色がゆっくり見れて大満足です。 o(^-^)o

12101315.jpg



去年ここを恐竜の谷と聞いて走ったときは、道の横にある岩が恐竜に見えたので恐竜の谷と思ってました(笑)

ゾーモットに着いて誰か忘れたけど、恐竜の骨が発掘されたから恐竜の谷と呼ばれるようになったと教えてもらったなぁ。 (^_^;



まっ、なんにせよ歴史的に凄い所をラリールートで走らせてもらってるって事ですよね。 (^-^)










そうそう、今日のあさりちゃんは忘れてはいませんよ!



自分達の車に乗っているので観光気分で元気にしてます(笑)

12101314.jpg


こっちを向いて笑顔の写真もあったのですが、左のおっさんが立○ショ○している後姿だったのでこっちの写真にしました。 (^◇^;)






ちなみにあさりちゃんが車に乗った状態はどんなだったかと言うと・・・














簡単に言えば狭く肩がこるようになりました。 (-。-;)





後ろ2人で座っていた所を3人で座るようになったからもありますが、モンゴルの道はほとんど未舗装路。

丁度あさりちゃんの頭が自分の肩の高さにあるので、突然のショックであさりちゃんの頭を打たないように常に気を配らなければならない。


モンゴルの移動は長かったから本当に気づかれしたなぁ・・・ (´o`;)












ではその大変だった移動がどんな状態だったかと言うと、こんな感じ。

12101328.jpg



ちなみに自分の顔を隠しているのは疲れている顔を出すのは失礼と思ったわけで・・・・



けっっっっして、にやけている顔を隠している訳ではないですからね!!  (^◇^;)









さて、恐竜の谷の観光も終わったので今日の目的地ホンゴルに向かいますが・・・

12101316.jpg










自分達の乗っている車の調子が悪く、止まってしまいました。 (・O・;

12101317.jpg



2~3日前からエンジンチェックランプが点灯していたのが原因かも。



何度かエンジンを空吹かししたり、その辺をぐるぐる回ったけどエンジンの調子は良くならず。






「もしかして田舎のガソリンスタンドでガソリンを入れたとき砂が一緒に入ったかも」

と言い燃料フィルターを交換しています。
(この時の行動が不思議だったので後で通訳に聞きました)

12101318.jpg


それよりも燃料フィルターを予備で持っているのはお国柄かなぁ。

日本人だと燃料フィルターの予備なんて持ってないし、ましてや燃料フィルターの場所も知らないんじゃないかな。


モンゴルは車の修理が出来ないと車が運転できないと聞いてたけど本当だよな。

正確には車の修理が出来ないと砂漠のど真ん中で立ち往生になるって事。 

死にたくなかったら車の修理を覚えろって事か。 (^_^;










どうにか車の調子を取り戻しお父さんチームにも追いつくが、自分の記憶ではチョット疑問が出てきた。

いま進んでいる道、たしか一昨年ゾーモットから北上していく道だったよなぁ・・・

今日の目的地は真東に向かっていくはずでは・・・




いつもの様に遊牧民に道を聞くが、やはりお父さんチームの様子が変。

12101319.jpg



お父さんチームの車に乗っているIWASAKIさんやA山さんがホンゴルのGPSポイントを自分たちに確認しに来た。

確認するもお父さんチームの車のGPSと自分のGPSの矢印は同じ向き。

なのに自分の知っているGPSポイントをお父さんチームの車のGPSに入力してくれと言ってきた。
(たしかモンゴル人が)

しかし車についているGPSの操作方法が誰も分からないので入力できず。

まぁ、矢印の方向が同じだから大丈夫だろうと入力をあきらめる。






GPSの矢印も合ってるし遊牧民に道を聞いているのに何で出発しないんだろう・・・

と思いながらヒマなので周りの景色を見て楽しむ。

12101320.jpg



長々と話をしてやっと出発。

やはり進路は北上していくみたいだ。



この時の不思議な状況を後で聞いたら、どうやらモンゴルは年上の発言が絶対で間違っていても逆らうことが出来ないらしい。

この時の最年長者が「こっちだ――!!」と言ってしまった為、間違った道と知ってながら進んでいたみたい。







間違った道であるが仕方が無く着いて行こうとしたが、また自分達の車の調子が悪くなった。

200番の車のドライバーと一緒に原因探しをしていると・・・

12101321.jpg










北に向かっているはずのX1トラックが現れる。

12101322.jpg



やっぱりこの道は間違っているんだよね~ (^_^;

そして車は調子が悪く進むことが困難。

お父さんチームとはぐれてしまう。


最悪と思っていたが、後から聞くと自分達の方がまだマシだったみたい。

そのお父さんチームの車に乗ったA山さんのブログを見ると、間違った道を修正するのがさらに大変だったとか。

A山さんのブログも見て大変さを知ってくださいな。

ラリーモンゴリア2012「撤退編」②

ラリーモンゴリア2012「撤退編」③






さて話は自分達の車に戻り、いまだに不調の原因は分からず。

12101323.jpg


そして分からないまま車の調子を取り戻す。









その後は車は不調にならず、途中の町でガソリンを入れたり。

12101324.jpg










また途中の遊牧民に道を聞いたりと順調に進みました。

12101325.jpg










そうそう、遊牧民が飼っているモンゴル犬。

12101326.jpg


頭が良いと言うか忠誠心が強いみたい。

最初ゲルに近づくときは襲わんばかりの勢いで吼えていたのに、主人の遊牧民と話をしていると敵ではないと判断して大人しくなったな。





さて、遊牧民から道を聞いて出発をするのだが、なんか様子がおかしい。


運転手が助手席に座っていたIWASAKI弟さんに200番の車に乗れと指示をしてくる。



何事かと思ったが、どうやら遊牧民を道案内で乗せるみたい。

12101327.jpg







まっ、乗せると言ってもホンゴル行きの分岐までだよなぁ・・・と思うも、分岐を過ぎても下ろす様子が無い。









それなら近くのゲルに下ろして現地の遊牧民に送り返してもらうのかなぁ・・・と思うも、遊牧民のゲルの近くを通り過ぎても下ろす様子が無い。










いったい何処まで乗せて行くのと言うより、このおっちゃんの帰りはどうすんだろうと思っていると、とうとうホンゴル砂丘が見えてきました。

12101329.jpg










そしておっちゃんを乗せたままホンゴルのキャンプ場に到着。

12101330.jpg



だからこのおっちゃん、明日はどうやって帰るんでしょうね。 (^_^;










今日は自分たちが到着する前にチームメイトが全員無事に到着してました。

壊したところも少なかったので今日の作業は午前様を回った位で終了♪

12101331.jpg



明日も次のキャンプ場まで長距離移動だけど、まさかあのおっちゃんを送って行くなんて言わないよなぁ・・・と不安になりながら眠りに着く(笑)

スポンサーサイト
コメント

おっちゃんのその後が気になりますっ
[2012/10/14 20:41] URL | なおと #mQop/nM. [ 編集 ]

なおとさん
おっちゃんのその後は次週のお楽しみにo( ̄ー ̄)○☆
[2012/10/14 21:59] URL | シラス #LkZag.iM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/183-e9844cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。