ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルラリー 2011 その7
ETAP 6
ゾーモット~アルベイヘール

「油断して苦労した日」




やって来て欲しくない朝が来ました。

1109161.jpg


昨日の休息日で十分休む事が出来たが、さすがにケガの具合は変わってはいない。

走るのが無理ならリタイヤ。

走るなら痛みを我慢する。


悩んだ結果、とにかく行けるとこまで行く事にしました。
 (v_v)







スタートしてしばらくは去年の逆送なので路面は分かっていたので安心して走る。

1109162.jpg







この時は痛みで景色なんて見てなかったけど、広大な土地を走ってたんだね~♪

1109163.jpg







この日も2つの村を難なくクリアーし、もうすぐRCPの所まで順調に来る。

「今日は距離が長いだけで走りきる事は出来るな♪」

と安心した瞬間、罠が待ちかまえていた!!



問題の罠がこのコマ図。

1109164.jpg


川渡りのコマ図が無いのに、ピストは川に向かっている。

道を間違えたのかな?と思い、コマ図を確認すると・・・

「カレ川に水があるかも」







水どこじゃねえよ!! 凸(ーーメ







これじゃぁ大河じゃんか!!

1109165.jpg


初日の水没の悪夢がよみがえる。


しかし運が良かったのはこの時はまだ他の人も川渡りをしている。

自分の前はASOさんが川を下調べしながら渡り始めた。

ASOさんは他の人が通ったラインを確認し、他にもラインがないか確認してからベストのラインで進んでいる。

これは信用できると思い自分もASOさんの通ったラインを選び、この大河をクリアーする事が出来ました。







まさかの難所をクリアーしやっとRCPに到着。

1109166.jpg



RCPに着くとまだY社長が居た。

Y社長は、
「川に水があったね。
 ふっふっふっ」
とニコニコしながら笑っていた。

たぶん試走の時は干ばつで川に水か無かったか、もしくは試走の時期は水は無いがラリー期間は川が大河になるのを知っていたのか。

とにかくY社長の思い通りの結果になって何か悔しかったなぁ。 (-"-;)






まぁ悔しがってもしょうがない。

せっかくの休憩場所なので景色を見ながら休憩します。

1109167.jpg


この時はケガの痛みで分からなかったけど、本当に景色が良かったんだな♪






よくコマ図に井戸が書いてあるけど、しっかり見た事がなかったので今回は見てみました(笑)

1109168.jpg







1時間の休憩も終わると強制的にスタートとなる。

しばらく走るとスジノさんが止まってバイクを見ていたが、先に行って良いよと合図したので遠慮無く行かせてもらった。



しばらくは路面は硬いが石が所どこ飛び出ていてパンクしやすい路面だった。

そのおかげかASOさんに追い付く。

たぶん4日目のパンクがトラウマでペースを落としているのだろう。





ASOさんに着いていくと本日2番目に大きい川渡りに到着。



絵はたいした川渡りじゃあ無いんだけどなぁ。 (-_-;)

1109169.jpg


やはりここでラッキーなのはASOさんが前だったって事。

ASOさんは地元の人に何度もラインを確認して渡っていった。

無論、自分もそのラインを真似して無事に渡る事ができた♪

今回のラリーの川渡り全般、ASOさん様々でしたよ。 m(_ _)m




ちなみにこの川はどのぐらいだったかと言うと、このぐらい。

11091610.jpg


向こう岸にトラックが居るが、その陰に水没して動けなくなった乗用車が居た。

乗用車のボンネットまで水に浸かったようだったから、ラインを間違えると大変な事になってただろうな。 (^_^;




ここまでの経験で今日の川渡りは慎重に行かないと大変な事になると分かった。


なのでこんな小川まで慎重に近づいたら・・・

11091611.jpg


本当にただの小川でした。 (^◇^;)




しかし油断は禁物。

道を間違わずコマ図通りに進んでいたのに、ピストが湖に真っ直ぐ入って行くではないか!
(ここの写真は取り忘れました)

まさか増水でピストが水に埋まってしまったのかと思い、そのまま行けるか確認するもさすがに水が深すぎてピスト通りには進む事が出来ない。

道を間違えた可能性もあるので一端前のコマ図に戻る。

戻ってる時S原会長のジムニーとすれ違うも、ジムニーは戻ってこなかった。

もう一度コマ図通りに進むも、湖の前にたどり着いてしまう。

しばらく考える・・・

S原会長もこの道を通ったが戻って来ない。

だとするとコマ図を無視して湖を迂回し、2㎞先のGPSポイントに向かったんだろうと予測した。

どう考えてもその方法が最適と思い、湖を迂回してGPSポイントに向かう事にした。






もう変な難所は無いだろうと思った矢先、本日4ヶ所目の村でカチンとくることがあった。 

それはこのコマ図。

11091612.jpg


道無き道を行けと書いてあるが、実際は指示しているルートの左右にピストが併走している。

コマ図通りに走らなくても近いピストを走れば道を間違わない。

自分は1日目と3日目に道無き道を走って事故をしてるので走りたくない。

なので「コマ図通りに走れるか!!」 (;`皿´)
と叫びながら初めてコマ図を無視して走った。

無論この村も道を間違えずに走る事は出来ましたよ。 (*^^)v







この日の残りは自分は問題なく走りましたが、チョットだけ面白い光景が♪


最後の村越えでコマ図を見ると村の手前を通り過ぎるつまらないルートだったのに、なぜか村の中から37Pさんが出てきた。 (・0・)
ちなみに37Pさんは自分に気づいていない。

道を間違えたみたいだが偶然にも正しいピストを走り出す。

後はあそこの分岐を右なんだけどなぁ・・・と思いながら見ていたら、やはり現在位置を見失ってるようで左に走っていく。

もちろん自分は正しい道に進むが、スピードを出して37Pさんに教えるか一瞬悩む。

悩んだ末出した答えが、
「つぎのGPSポイントは1㎞先だからすぐに分かるか」
と言う結論に達し自分は静かに進む事にしました(笑)

その後は心配することなく37Pさんはあっさり自分を抜いていきました。




色々ありましたが今日も体力ギリギリでゴール出来ました。

11091613.jpg


この日のキャンプ場にはリタイヤしたぐんそとO島さんが先に到着してた。

二人とも元気でなによりですな。




今日は辛うじてゴールできたが、明日は今の自分にとっては難所のデューンがある日。

明日こそリタイヤかと覚悟を決めこの日は寝ました。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/156-e8d65669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。