ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルラリー 2011 その5
ETAP 4
ホンゴル~ゾーモット

「忍耐の日」





ゲルの向こうには砂丘と言う絶景の中で朝のブリーフィングが行われた。

1109091.jpg


本来なら景色に感動しながらブリーフィングを聞くのだが、今の自分は全身大ケガでブリーフィングを聞くのが精一杯!



正直この時すでに完走は無理と諦めていた。

今日のデューンが2日目の様なアップダウンの激しいデューンならリタイヤしようととも思っていた。

しかし過去の経験者から、今日走るデューンは砂丘の山と山の間を走るフラットのピストと聞き「行けるとこまで行ってみるか」と思いスタートしてみる。

1109092.jpg








スタートしてすぐに鬼門のデューンに入る。

1109093.jpg





教えてもらった通り砂丘の山と山の間を通る道だったが、ピストなんて砂に埋もれて無くなっている。

11090910.jpg



砂でフカフカになっていて転びやすいが転んだらアウト!!

今の自分では一人でバイクを起こせないのでね。


とにかく転ばない事だけ第一にしてデューンの区間を無事走り抜ける。





デューンを抜ければSSのスタート地点がある村に到着。

これで今日の関門を突破したぞ~~~!! \(^O^)/

って、思ったのがつかの間。

SSスタートしてもピストは砂でハンドルが取られやすかった。

しかもスタート地点付近だけでなく、この日ほとんどのピストがこんな感じ。

スピードを出せばハンドルが取られることなく走る事は出来るが、今の自分はスピードを出した時の振動に耐える事が出来ない為スピードを落とすしかない。

なのでハンドルが取られないように我慢と忍耐の一日。



まったく、よくこんなピストだけをつなげたルートを探したもんだよ。
 (-。-;)




SSをスタートしてしばらくすると次のGPSポイントの矢印が真横を向いている!

朝のブリーフィングを思い出し、コマ図を無視してGPSポイントに直行するとCP不通過になる事を思い出す。

元々ナビゲーションには自信があったので、自分を信じて進んだら無事にCPがありました♪

正しくナビが出来ただけでチョット気分も良くなり先に進む。



しばらく進むとナゼかババちんが手を振りながら止まっている。

いつ追い越されたんだろうと何があったのかなと考えながら止まると、
「今どの地点?」
と聞いてきた。

「なんだ、ただのミスコースか」
と安心して今の距離を教え、
「CP不通過をRCPのスタッフに連絡してあげてね」
と言って自分は出発する。


この時のやり取りで同チームのA井さんに追い越されたが、なぜかしばらく進んだ所で止まっていた。

自分に助けを求める訳でもないし、ババちんが気になるのかなぁ?と思いながら自分は進む。

後で聞いたらナビステーが振動で折れてしまったんだと。

ラリーは何が起きるか予測できませんね。 




その後は枯れ川を越えたり、わざと枯れ川の中を走ったりと嫌らしいルートで体力を削られながらなんとかRCPに到着。


RCPでは今から走るルートで過去に走った事のある人に、
「これからはまともなピストですよね?」
と自分に走る気力が出る答えを求めて聞いてみたが、
「いや・・・
 う~~~ん」
と、いい返事が返ってこない。 (>_<)



あきらめてスタートしてみると、まず最初の40㎞はこのような道でした。

1109094.jpg



しかもコーションマークが書いてあるのは一部分で、これ以外にもコマ図に書いてないコーションマークの凹凸が多数!!


コーションマークの連続が治まった頃にはピストが砂利道になり、今度はハンドルが取られて転ぶかもと言う恐怖心に変わる。



前半・後半の違う種類の難問の連続で心が折れかけました。 (×_×)


しかし体にダメージは喰らっているが前に進む事は出来る!

転んだら起こす事は出来ないが、この路面ならかろうじて転ばないで走る事が出来る!!

「やはりここは行けるとこまで行ってみよう!」
と気持ちを切り替え進む事にする。





この辺りまで来ると周りにはほとんど草木が生えていない。

もうすぐCPだなぁと思った頃、原始時代の風景に使われそうな場所を通りかかる。

今日は恐竜の谷を通ると言ってたからここかな?

と思い、止まって写真を撮ってみた。

1109095.jpg



後で気づいたけど、ここは恐竜の谷ではありませんでした。

こっちの方が恐竜の谷っぽいんだけどな。 (^_^;




この後無事にCPを通過。


その後すぐにASOさんがパンク修理をしてたが大丈夫だから先に行けと言うジェスチャー。

お言葉に甘えて先に行かせてもらいます。 m(_ _)m



先に行くと言っても路面は砂のピスト、しかも所々に凹凸でペースが上がらない。

いつものように心が折れかけて走っていくと、後からXR650のHさんが、
「こんな路面はXR最高♪」
と言わんばかりの走りで追い抜いていく。

そしてアッと言う間に地平線の向こうに行ってしまったが・・・



ここで直角に曲がって行くんだが、Hさんはどこまで行ってしまうんだろう。 
 (^_^;)

1109096.jpg



今の自分はもとより元々Hさんには追いつけないので、呼びに行くのは諦めて自分は正しい道に進む事にする。




コマ図を進めていくと、恐竜の谷に到着。

1109097.jpg


前もってチェックしてたの忘れてました。 (^◇^;)




なのであらためて止まり写真を撮る(笑)

1109098.jpg



恐竜の谷の中で写真を撮らなかったのはチョット悔いが残ったかな。





色々あったけど・・・

ほとんどが心が折れるような事ばかりだったけど、どうにかゾーモットに到着しました。

1109099.jpg



明日はレストDAY。

少しでも体が良くなる事を祈って休みますか。

スポンサーサイト
コメント

いいな~。恐竜の谷行きたかったな~。

ゾーモットに3日間もおったから、スッカリ飽きました。
[2011/09/11 18:20] URL | 右近 #J8TxtOA. [ 編集 ]

右近さん
ゾーモットから恐竜の谷は近かったからヒマつぶしに行ってくれば良かったのに。
 (・∀・)
[2011/09/12 15:45] URL | シラス #LkZag.iM [ 編集 ]


そんなん、日本に帰ってから知ったわ(--#)
[2011/09/16 20:50] URL | 右近 #Pnsj6K02 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/154-fb790de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。