ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルラリー 2011 その3
ETAP 2
アルベイヘール~シンジンスト

「リタイヤを覚悟した日」





昨日のケガが治らないまま無情にも朝がやって来た。

1108281.jpg


まっ、1日やそこらで治らないケガだと言う事は分かっていたけどね。 
(-_-;)




そしてもう一つの悩み所が発生!

1108282.jpg


借り物のマップホルダー、壊しちゃったけどどうしよう!!
o(><)o



悩みはつきませんなぁ。 (^_^;)







朝のブリーフィングでCP1はキャンセル。

その代わりブラインドCPが有ると発表された。

初日には何処にCPがあるか言わないと言っていたが、考えを変えたのかブラインドCPの場所の距離を発表した。



発表しない方がGPS走行でショートカットしてる選手にペナルティーが与えられて面白かったのに・・・
 (`ε´)






この日は8㎞ほどリエゾンを走ってSSスタート地点に移動。

1108283.jpg



スター地点に到着してもしばらくは時間があるのでしばし休憩。





短い休憩も終われば各車スタートになります。

1108285.jpg





ちなみに自分は昨日川で転倒しシリンダー内の水抜き作業をした為、今日はココの後からスタートとなりました。 

1108284.jpg


ラリーは何があるか分からないので、どんな相手でもあなどってはいけませんね。 
 (^◇^;)







スタートして数十㎞走ると今日もまた薄いピストを走るルートになった。

無論ここは自分を信じて突き進む♪


今年は本当に初日からナビゲーションが難しかったですよ。
 (´o`;)






一瞬自分を疑いながらのナビゲーションをクリアーして行くと、次は難問の村越えになる。

1108286.jpg


村の入り口で誰だか忘れたが道を見失ってウロウロしている人を横目に自分は完璧なナビで村を抜ける♪

この村は村の中より村を越えてからの方が難しかったなぁ。





順調に走っていくとだんだんピストの路面が硬質から軟質の砂に変わっていく。


そのピストを進んでいくと今大会の目玉、一つ目のデューンが遠くに見えてきました。

1108287.jpg






デューンに入ってからしばらくはコマ図や朝のブリーフィングのアドバイスに従って走ってみる。


どの様なアドバイスだったかと言うと、右の湿地帯はスタックする可能性があるので入らない事。

左側のデューンに入り過ぎてリタイヤなどすると、助けに行くのが遅れる可能性が高い。

なので走る時は湿地帯とデューンの境目を走ってくれと言っていた。

1108288.jpg





最初は言われる通り境目を走っていたが、前走者のタイヤの跡などでハンドルを取られ転んでしまう。


急な斜面で転んだ時はタイヤを下に向け、どうにか自力で起こす事が出来た。


しかし平らな場所で転ぶと昨日のケガの痛みで、自力でバイクを起こす事が出来ない!


こういう時は後から走ってくる人に頼んでバイクを起こしてもらっていた。


だけど転んだ時すぐに後から人が来る訳ではない。


5分待っても10分待っても来ない時がある。


来たからと言って全員が起こすのを手伝ってくれる訳ではない。


たまには自分で起こす努力をしてみるが、痛みで起こす事が出来ない。


この時すでに心は折れていて、頭の中で考えていたのは「リタイヤ」と初日に見たF崎さんのバイクに張ってあった「挫折禁止」のステッカー。

11082815.jpg



後から来る人を待ちながら「リタイヤかも」と思う自分に
「挫折禁止・挫折禁止・挫折禁止・挫折禁止・挫折禁止」
と、絵のような姿勢でバイクにもたれ掛かりながら自分に言い聞かせて説得してました。




何人目かに助けてもらった時、助けてくれた人が
「湿地帯に水分がないからスタックしないのでコッチを走ろう」
と言って湿地帯を走っていった。


自分も走ってみるとここ数日雨が降っていなかったのか確かに地面が固まって走る事が出来る♪


たぶん何の異常もない自分だったらこのまま走り続けたが、前の日に路面の凹凸で転びケガをした自分には恐怖心がこみ上げて走る事が出来なくなってしまった。





しかたがないので次はデューンの中のタイヤの跡が無い場所を走る事にした。

11082810.jpg





写真は拾い物だが、たぶん自分は最初こんな感じで走ってたと思う(笑)

11082816.jpg



進むペースは効率が悪いように思えたが、転ぶよりは進む事が出来るのでこのままデューンの中を走る事にした。







でっ、走っていくとこの様にスタックした車がいた。

1108289.jpg



やはり今年は厳しいルート設定だったんだな。 (´o`;)







波のような砂丘をいくつか越えていくと走る事に慣れてきてペースを上げる事が出来る♪

そして砂丘のヒルクライムも難なくこなしていく事が出来るようになっていく♪♪



走りが分かってきて調子に乗ってくるとしっぺ返しが来るもの。




「これぐらいは行けるだろう」
と思った高い砂丘を登ったら、頂上付近の減速が間に合わずジャンプしてしまった!!

11082811.jpg




・ ・・・・・・・








・ ・・・・・・・・






・ ・・・・・・・・






すみません。

見栄をはりました。 m(_ _)m


本当はこんな感じで砂丘の頂上から落ちました。

11082812.jpg




砂丘の頂上から落ちた場所まで目寸で3~4m。

1mぐらいジャンプしたから4~5mぐらいの高さから落ちた事になる。




デューンの足下は柔らかいと言ってもこの高さから落ちれば体に来る衝撃は半端ではない。

痛みが治まるまで動く事が出来ない。

バイクはこの時通りかかった韓国選手に起こしてもらった。



体中の痛みが治まるのを待ち、次からは慎重に走ると心に決めスタートする。





そしてボロボロになりながらやっとデューンの中にあるCPに到着。

11082813.jpg



本当はCPのコントロールゾーン内は立ち止まるのは禁止だが、さすがに主催者もここは厳しいと分かってるようで少しの水をもらいながら休憩できる。

もちろんお言葉に甘えて休憩をしました。





CPを越えるとやっとデューンも終わり通常のピストに戻ります。


その後のRCPでも十分に休憩をして再スタート。




そして最後の難関?

村越えコマ図通りに進むと・・・

11082814.jpg



なんとブラインドCPがありました!!



いや~

もう、ブラインドCPなんて忘れてました(笑)

でもマジメに走ったのでペナルティー無しです♪

良かったよかった♪





2日目にして早くもリタイヤを考えたが、どうにかこの日はゴールできました。

さぁ、明日からも地獄の走行がまってますな。

スポンサーサイト
コメント

お~結構変形してる!
でも修正可能だったとう事は
それなりにいいつくりだったということかな(^_-)
[2011/08/30 19:58] URL | G4 #- [ 編集 ]

G4さn
まだ修正されてなく写真の状態です。
日本に戻ってきたら板金してみますね。
[2011/09/04 22:33] URL | シラス #LkZag.iM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/152-eaa23e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。