ポンコツバイクと格闘記
バイクライフを楽しむ為に修理・改善等をしてるのだが、何時になったらNOトラブルで走ってくれるのやら・・・
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルラリ- 2010 その5
ETAP 2
バヤン・ホンゴル~オリアスタイ

「神を冒涜し、天罰を受けた日」
           後編   





初日の走り。

1082927.jpg


砂埃が立ってませんね~ (笑)









大会中最大の川渡りを無事に終え、快調にピストを走る。



1082928.jpg



地平線まで平らな大地。




荒れた草原。




中速コ-ナ-が続くピスト。




ピストのタイヤの跡がかなり凹んでいたが、バイクから見たらちょうど良いバンクで走りやすかった。


調子こいてペ-スを上げると、石を踏む感触がハンドルに来た。

石を踏む感触は“コツン“と言った感じだったので気にせずそのまま走行すると、急にハンドルが言う事を聞かなくなる。


「まさか!」と思いタイヤを見ると、やっぱりパンクしていました。

1082913.jpg


「なんだよ!
TBIじゃパンクした事がなかったのに、せっかくのモンゴルでパンクかよ!!
しかもSSの中で!!!

パンクの神様か何か知らないけど、ずいぶん意地悪な神様だよな」
(;`皿´)


などとグチを言いながらパンク修理を始める。



予備のチュ-ブは持っていたが、直るならパンク修理しようとチュ-ブを外すと・・・


チュ-ブからバルブが外れている。 ()゜□゜)」

1082914.jpg


こんな写真なんか撮ってるから、またトラブルが発生したのだが。 (^_^;


とにかくパンク修理が不可能なので、チュ-ブ交換をして走り出す。








パンク修理をしてから50㎞ぐらい走るとRCPに到着。

1082915.jpg


ここでは強制的に1時間の休憩となる。

「さっきパンク修理をしながら休憩したからいらない」
などの言葉は受け付けてくれないので、仕方が無く1時間休憩する。







自分の休憩中にライバル同士の、ジムニ-のO上さんとS原会長がスタ-トした。

1082916.jpg






最初にスタ-トのO上さん。
快調に飛ばしていきます。

1082917.jpg







「まだ自分の出発まで時間があるな~」
と、ヒマこいていたらG4さん・sasbowさん・bullさん・M間さんが次々と到着。

1082918.jpg



ここまでどんな感じだったか聞くと、G4さんsasabowさん・M間さんが川渡りで水没したようだ。

川渡りの失敗談を笑いながら話している姿を見ると、自分のパンクのタイムロスなんてどうでも良くなっていく。


みんなと話しをしたおかげで気分転換ができ、気分良くRCPをスタ-トする事が出来た♪




しばらくは高速ピストでアベを上げるが、村を越えた所で悩む分岐に差し掛かる。


239㎞と243㎞の間で、コマ図に無い分岐が現れた。

1082919.jpg


「道を間違えたのかなぁ・・・?」
と悩む。


正解は、
道は間違えてない。
243㎞地点でも電信柱沿いを走らなければならないから、電信柱沿いの道を選ぶ。


しかし自分はまだモンゴル初心者。
道を間違えたと思った。

GPSポイントまで戻り再確認しようと思っていたら、またもやハンドルが言う事を聞かなくなる!



「まさか!!」と思いタイヤを確認すると・・・


やっぱりパンクしてました。 (x。x)=3

1082920.jpg


パンク修理をしていると、何処からともなく現れるモンゴル人に囲まれた。



「いやだなぁ~」と思いながらチュ-ブを外すと、いきなりパンクの原因を発見し目を疑う。 


「タイヤの中にさっき交換したチュ-ブのバルブが入ってる~!!」
 (@_@;)


一回目のチュ-ブを外す時バルブが外れ落ちたのが分かったので探さなかったが、まさかタイヤの中に落ちたとは夢々思わなかったよ。

チュ-ブを組む時タイヤの中に砂など入ってないか確認しなかった自分が悪かったけどさ。

でも偶然にしちゃぁ出来過ぎじゃない?

さっきは神様に文句を言ったから天罰が下りたのかなぁ・・・



グチを言ってもしょうがない。

交換のチュ-ブが無いので、パンク修理を始めるしかない。



まずは空気を入れてパンクの場所を・・・と思ったら、空気を入れる前にモンゴル人がパンクの場所を見つける!

「どういう目をしてるんだ?」と思いながら、パンク修理セットを取り出しパンク部のヤスリ掛けを始める。

自分がヤスリがけをしているのを見てモンゴル人のじいさんが、
「ダメだな~
俺がやるから紙ヤスリを貸してみな」
と言ってきて、パンク部のヤスリ掛けを始めた。

「そこまで言うならどれだけの腕前」
と思いながらヤスリ掛けをした場所を見ると。

「すげ――!! (・0・)
 リュ-タ-で仕上げたみたいに綺麗に仕上がってる!」

モンゴル人と言えどもバイクに乗ってるので、パンク修理は朝飯前みたいだ。


「さて次はゴムノリか」
と思いながらゴムノリを出していると、モンゴル人は何故かパンク部に石を載せた。 (・_・)エッ..?

何をするんだろうと見ていると、どうも神様にお祈りをしているようだ。


「おいおい、その神様のおかげでパンクしたんだけど」
と、少しグチをこぼす。


まぁ、お祈りもすぐに終わるかな?と思い、しばらく待ってみる。










しばらく待つ・・・








まだお祈りしている・・・









15秒も経ってないのに、10分ぐらい待たされた気分になってきた・・・









待つ事数十秒。

やっとお祈りが終わった♪



「まったく、神様のおかげでとんだタイムロスだよ!」
とグチをこぼしながら次のパンク修理に移る。


今回のパンクはバルブがタイヤの中で暴れた為、パンク穴が数カ所あった。



直さないと走れないので、1ヶ所づつ直すも・・・






モンゴル人、全てのパンク穴でお祈りを捧げる。 (ー人ー;)




いったい何時パンク修理が終わるんだろう・・・









それとこの後、無事に走る事が出来るのかなぁ・・・





この時かなり不安になっていた。


不安に思っていたのはパンク修理に掛かった時間ではなく、パンクヶ所が多くてパッチが無くなってしまったのです。



「最後の一つで修理完了しなかったらどうしよう」
と思っていたら、後ろからG4さん登場!!

この時、自分からしたらG4さんの方が神様に見えました。


ワラにすがる思いでG4さんに
「チュ-ブかパッチのどっちかちょうだい!」
と頼む。

G4さんは最初に聞いたチュ-ブで「え~~」と嫌がるので、「パッチで良いのでください」と頼み直した。

そのやり取りを見ていたモンゴル人がチュ-ブを指さし、
「これを貰え、これを!!」
と凄い剣幕で言ってきた。

この時G4さんには悪いが心の中で
「ありがとうモンゴル人のじいさん。
 よくチュ-ブの方だと言ってくれました」
とモンゴル人に感謝しながら、嫌がるG4さんからチュ-ブを貰う。


その後は無事にチュ-ブを組み替え再スタ-ト♪


G4さん・モンゴル人のじいさん、ありがとうございました。

今回パンク修理で活躍したモンゴル人のじいさん。

1082921.jpg









2回目のパンク修理で大幅なタイムロス。

もう良い順を狙うのは無理なのとこれ以上パンクするのも嫌なので、ペ-スを落として走る事にした。




残り30㎞ぐらいの所で
「色々トラブルがあったけど、やっとゴ-ルだ♪」
と安心しして進んでいくと、トリプルコ-ションが二つも続けて現れる。

1082922.jpg


「最後にトラブルは嫌だから注意して走ろう」
と路面のクラックを探しながら走ると、タイヤに石が当たる感触がした。



「まさか!!」
と思いながら走っていくと、またハンドルが言う事を聞かなくなり転んでしまう。


起きあがってタイヤを確認すると、やっぱりパンクしてました。

1082923.jpg


おいおい、パンクの神様さんよう。 (#`-_ゝ-)ピキ





残り約30㎞。

フロントタイヤがパンクだから走る事が出来ない。


仕方がない、またパンク修理しますか。



渋々とタイヤを外していると、長ちゃんやASOさんグル-プ(多分男性陣のケツグル-プ)が通り過ぎてく。

過ぎ去ってから、
「しまった!
 チュ-ブを貰えば良かった!!」
と少し後悔する。



作業を進めていると、通り掛かったウナギさんが心配そうに「大丈夫?」と言って止まってくれた。

もう開き直っていた自分は笑いながら、
「今日、パンク修理3回目♪」
と答えると、
「じゃあ、ライダ-が修理出来るレベルだな」
と安心したのか、笑顔で「がんばってね」と言いながら走り去っていった。


続いてogwさん・柿青さんが乗った車が止まってくれたので、チュ-ブを持ってないか聞くと、残念ながら持ってないと。


一瞬の期待も全て打ち砕かれ、パンク修理を再開する。



パンクした二つのチュ-ブを目の前に、作業の選択肢は3つ。

選択1
今パンクしたチュ-ブを直す。

選択2
モンゴル人の直したチュ-ブを使用する。

選択3
後ろから来る果樹ゑさん・ももちゃんペアを待ち、チュ-ブをもらう。

本当はあった選択4
タイヤを外しリムだけで走る。
この時、選択4は思い浮かばなかった。
経験不足ですな。



さてどれを選択しようか。

一番楽なのは選択3だけど、あの二人が何時ここを通り過ぎるのか分からない。
選択3はパンク修理が失敗した時の、最後の手段にしますか。


この時、次に楽な選択2を選ぶ。

チュ-ブをリムに組んで空気を入れると・・・



シュ――――――



パンク修理、直ってないじゃん!! (-_-#)

神様に文句を言ったからかなぁ?

それともお祈りが足りなかったのか!?



やはりキズだらけのチュ-ブは信用できないので、今パンクしたチュ-ブを直す事にした。
冷静に考えれば、これが正解の考えだよな。



まずパンク穴を見つけ、ヤスリ掛けが終わったところで、
「お祈りはしなくて大丈夫かな?」
と一瞬頭を過ぎるも。
「ええい!
 その神様のせいでパンクしたんじゃないか!!」
と、お祈りはしないでパンク修理を進める。


ゴムノリを塗り乾かしていると、少し時間が出来るので風景を楽しんでみる。


こんな景色の中を走ってたんだ♪ o(^-^)o

1082924.jpg




馬の群が通り過ぎていくのも日本では見られないよ。

1082925.jpg


景色を堪能した所でゴムノリが乾いたので、パンク修理を進め組み上げる。



その後は残り30㎞をトラブル無く走り、無事にゴ-ル。



ゴ-ルした時はさすがに辺りは真っ暗。

スタッフから「遅く帰ってきて疲れたでしょ」と言ってもらえたが、パンク修理3回で4時間近く休憩してたので何も疲れてなかった。 σ(^◇^;)



さてメシを・・・と食べようとするも、本日もダッフバッグが届いてない。

仕方がないので今日もペットボトル食器で食べる。

1082926.jpg


さぁ、明日は日本では経験できないデュ-ンを走る♪

明日は距離も短いし楽しめるかな? (^-^)
スポンサーサイト
コメント
お祈り・・・
災難ですね。
自分のときは町の近くだったので10人くらいに囲まれましたが、幸いお祈りをしてくれるモンゴル人はいませんでした。
おかげ?で1回のパンクだけでしたね。
[2010/09/10 18:50] URL | しま #- [ 編集 ]


町を出た直後のピストで
モンゴル人に囲まれて
捨てられた子犬の様な目をしていた
シラスさんがいたのでつい止まってしまいました(笑)
[2010/09/11 13:19] URL | G4 #- [ 編集 ]

しまさん
実はお祈り、効果あるかもしれませんよ!!
今度TBIで試してみてください(笑)
[2010/09/11 16:40] URL | シラス #LkZag.iM [ 編集 ]

G4さん
あの時は嬉しかった~♪
他の人も一応止まったけど、モンゴル人に囲まれてるのを見て「ヤバイ」と思い、すぐに行ってしまったからね。
[2010/09/11 16:43] URL | シラス #LkZag.iM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ponkotsubaiku.blog72.fc2.com/tb.php/111-a73e7c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シラス@駿河湾

Author:シラス@駿河湾
ライバルは
およげ!たいやきくん!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。